2016年11月29日

JTJカンファレンス in 沖縄

2016年11月26日(土)午後2時より、沖縄ゴスペルファミリーチャーチ(金城 信一郎牧師)においてJTJカンファレンスを開催しました。

天候にも恵まれ、模擬授業を受けようと県内各地から参加者が駆けつけてくださり、会場いっぱいに満たされました。

私が総合司会を務めさせていただき、賛美と祈りをもって元気よくスタートしました。

岸義紘先生による「ヤコブ書簡の行為義認とパウロ書簡の信仰義認」、横山英実先生による「超古典の聖書を分かりやすく理解するヒント」の模擬授業を通して参加者一同引き込まれ、もっと聞きたい、もっと知りたい、なるほどそ うだったのか、という声があちこちから聞こえてきました。

続けてJTJ卒業生の金城米子さんによる「ユタからクリスチャンに、そして今伝道する喜びに変えられた壮絶な人生の展開と神さまの御わざ」をお証ししていただき、驚きとともに主の栄光を崇める時となりました。

JTJの校歌「Jesus To Japan」を一同で歌い、岸先生のサクソフォンも2曲特別に演奏していただき、時間は予定よりかなり押してしまいましたが誰一人帰る事なく、皆さんとても喜び感動し、最後の祈りを持って閉会といたしました。

引き続き持ち寄ったケーキやフルーツ、コーヒーなどをいただきながら自由に交わりや質問などの時間を持ち、JTJに関心を持ってくださった方が多く起こされた事は今回の目的を充分に果たせたと感じ、本当に感謝いっぱいです。

私自身、大きく聖書信仰のあり方を変えていただいた愛するJTJ、中でも心から尊敬する岸先生と横山先生の授業をもう一度生で聴く事ができた感激は言葉に表す事ができません。改めて「こんな素晴らしいJTJで学ばせていただいた私はなんと恵まれた者、幸せ者 なんだろう」と感動と感謝に満ちた思いでいっぱいになりました。

カンファレンス写真1.jpg

カンファレンス写真2.jpg

カンファレンス写真4.jpg

カンファレンス写真3.jpg


今後ますますJTJ宣教神学校が主イエス様に愛され、人々に愛され、福音の恵みと力を世界中に広める働きがなされてゆきますように!

 心いっぱいの感謝をこめて

            JTJ卒業生・沖縄ゴスペルファミリーチャーチ 金城暁子

カンファレンス写真5.jpg


※11月16日、今回のJTJカンファレンスの宣伝のために出演させていただいたFM那覇での写真です。(左手奥が今回のゲストの金城米子さん、左手前が私です。)


posted by jtj at 11:35| 日記

日本一周 自転車伝道旅行に導かれる 

JTJニュースレター12月号掲載「日本一周 自転車伝道旅行に導かれる」のダニエル 鄭 岩淵さんから、記事の続きが届きましたのでご紹介いたします。
・・・・・・・・・・・・
シャローム。
 現在、私は高知県の須崎に主の導きで滞在しています。クリスチャンが運営している老人ホームに泊めていただける事になりまして、先週の金曜日からボランティアとして手伝いながら過ごしています。毎日ここの高齢者たちと一緒に賛美を歌いその後、福音を宣べ伝え、聖書を読んで御言葉を宣言しています。ここに沖縄から来た黒人の青年も神様が導いて一緒に朝昼夜礼拝を捧げ伝道を行い賛美しながら祈っています。この青年を弟子として一緒に回りたいと思っています。ただ最近寒くなり、ここで冬を過ごそうかなとも思いつつ祈っています。   
 先週の礼拝は近所の教会でささげました。そして賛美歌が始まった途端、涙が無意識的に出て来ました。賛美歌はとくに感情的というわけでは無かったし、むしろ、知らない賛美歌でしたが涙が止まりませんでした。その時、左に座っていた認知症のお爺さんが大きいな声で祈り始めてビックリ。そしておびえたような声で「私を許してください、救ってください。」と祈るのを見ました。隣のおばさんが彼を他の部屋に連れて行く時、聖霊様が一緒に行って祈りなさいと命令されたので、僕は従いついて行き一緒に祈りました。突然彼は、日本の救いと審判と、日本でも主のしもべが立ち上がって遣わされる事を祈り始めたのです。また、悔い改めをして自分を使わしてくださいと願いながら恐怖に怯え、叫びながら祈っていました。その時、私は心からモーセがイスラエル民の為に祈った祈りの様に、私の名が生命書から消えても良いので彼と日本を救い許してくださいと涙で願い祈りました。後で、彼は引退した元牧師さんで現役の牧師先生達の先生だった事を知りました。
 現在日本は審判台に立っています。神を中途半端で賛美したり、のんびり過ごしている場合じゃなく、真の神の怒りと裁きが目前まで来ている事に気付かないといけません。そして、私が日本へ来た目的と役割をもう一度確認され、この地に向かいエゼキエル3章の御言葉の様に「悪人は必ず死ぬ」というメッセージを一言も間違いなく警告せねばならない立場に立っています。普通に「イエスがあなたを愛しています。」のような呑気な励ましでは無く明確な警告、即ち、罪から立ち帰りなさいを叫ぶ命令を頂きました。でも、私は冬がもうすぐなので寒いから居心地の良い所で冬を過ごした後出発しようなどくだらない考えをしています。ですが、すべての真ん中で主の御心が御業が行われる様にと願がっています。この地に審判を知らせ、罪を認知させ主の命令に従い涙で悔い改める事の必要に気づきました。
皆さん、一緒に祈って下さい。皆さんの祈りひとつひとつが、魂の救いに使わされます。いや、この日本を主の怒りから取り除けるかもしれません。皆さんを主の愛で愛します。
「主は御名にふさわしく、わたしを正しい道に導かれる」詩篇23章3節。
                           ダニエル 鄭 岩淵IMG_6822.JPG



posted by jtj at 11:12| 日記

2016年11月25日

東京プレヤーセンター(TPC)5周年記念礼拝

DSC01731.JPG

11月14日、お茶の水クリスチャンセンターにあるTPC(和氣敏治代表)の5周年記念礼拝が行われました。
TPCでは毎日、お昼の礼拝と祈り会がおこなわれ、そのほかいくつもの集会が持たれています。http://www.tpc365.com/

TPCのスタッフはじめ、メッセンジャーの中にも多くのJTJ卒業生が奉仕しています。


posted by jtj at 09:30| 日記